ケーススタディ

ダイナミック・コントロールズ社(DCI)

データセンターを計画外のダウンタイムや故障から守るために

Dynamic Controls Inc.Schneider Electric Ecostruxure と Stratusエッジ コンピューティング を組み合わせ、データセンターの運用の最適化、信頼性の向上、組織全体の可視化を実現。

課題

  • デンバーのダウンタウンにあるデータセンターのお客様は、中央で統合されたデジタル化されたコアがなく、様々な異種のソリューションがあるため、現在のセットアップに満足していませんでした。
  • 既存のデータセンターは、電源の冗長性と運用のフェイルオーバーを備えていなかった。

解決策

  • シュナイダーエレクトリックのEcoStruxureビルディングオペレーション
  • シュナイダーエレクトリックのEcoStruxure Power Monitoring Expert(PME)。
  • シュナイダーエレクトリックのPowerLogic PM5560パワーメータ
  • ftServer ストラタス・テクノロジーズ

メリット

  • EcoStruxure PMEは、複数のベンダーの異種システムをModbusとBACnetのプロトコルで統合しました
  • フォールトトレラントシステムにより、12,000平方フィートのデータセンターを計画外のダウンタイムから保護し、電力問題や転送テストの際にも5-9(99.999%)の可用性を実現します。
  • フットプリントは、複数のコンピュータからわずか1台のStratusftServer に縮小 ; Stratusのシンプルなアーキテクチャは、ハードウェア、パネルスペース、配線を削減し、将来の成長に対する容量を拡大

重要なデータセンターのサーバーが停電でシャットダウンしたら、どうなるのでしょうか?森の中で木が倒れるように、音はするのでしょうか?データセンターのオペレーターは何が起きたかどうやって知ることができるのでしょうか?

高度な制御・監視ツールのおかげで、データセンターチームは、問題が致命的なイベントの連鎖を引き起こす前に、アラートと通知によって問題を特定することができます。また、これらのツールは、意図しないシャットダウンが発生した場合に履歴を提供し、チームが将来に備えることができるように重要なデータを収集します。

ストラタステクノロジーズのソリューションマーケティング担当シニアマネージャであるJay Davidは、「イベント、アラーム、障害が発生した場合、データセンターの運用を通じて、なぜそれが起こったのか、何が起こったのか、すべての履歴を追跡する必要があります」と述べています。「それを失うと、運用にとって重要なことを調査する能力を失ってしまうのです。

データセンターにおいてトレーサビリティとは、必要なデータにアクセスできることを意味します。トレーサビリティが確保されないと、運用が極めて困難になり、経営トップはリアルタイムな経営判断を下すことができなくなり、組織の競争力が失われる可能性があります。

コロラド州デンバーにあるデータセンターのお客様のケースです。冗長性とフェイルオーバーがなく、電源監視の性能も不十分でした。回路に転送テストを行うと、そこに接続されているサーバーが故障してしまうほど状態が悪く、すべてを見通すことができなくなってしまうのです。

また、データセンターの空調、スイッチギヤ、電力品質計、バッテリー監視、PDU、AB回路、クラック装置、火災警報装置、ビル全体の照明などの制御・監視を異なる自動化システムで統括していたため、お客様は苦戦を強いられていました。

データセンターでは、さまざまなベンダーのシステムを導入することが一般的です。問題は、それらをどのように統合するかということです。

異なるサーバーやマシンが混在しているため、データセンターの顧客は異なるシステムすべてに個別にログインする必要があり、時間がかかって非効率的でした。Schneider Electric EcoStruxure システム インテグレーターである Dynamic Controls Inc. (DCI) の支店長 Rolla Starkey 氏によれば、残念ながら、この構成は以前のベンダーが設定したもので、データ センターの顧客が望んでいたものではありませんでした。

計画外のダウンタイムが発生する危険性がある不安定な状況の中、データセンターのお客様はゼロからの再スタートを決断されました。

「たった2年前のシステムを取り壊すために投資するほど、彼らにとっては重要なことだったのです」とスターキーは説明する。

また、このデータセンターのお客様は、既存のベンダーに代わって、エンジニアや信頼できる地元のゼネコンなど、新しい人材を導入しました。

最終的に、お客様はデータセンターの制御システム全体をほぼ全面的に見直すために、新たな仕様を構築する必要性を感じていました。

DCIは、公共プロジェクトの入札の話を聞いて、シュナイダーエレクトリックのソリューション(EcoStruxure Building Operation、EcoStruxure Power Monitoring Expert(PME)、PowerLogic PM5560 Power Meters)を指定しました。

DCI の入札のもう一つの重要な要素は、ティア 1 ビジネスクリティカルなワークロードと製造業務および制御アプリケーションを実行するための、完全に統合され継続的に利用可能なハードウェアとソフトウェアのプラットフォームである StratusftServer であった。

DCIはこのプロジェクトを受注しました。

すべてを一つにする

DCI は、EcoStruxure をはじめとする Schneider Electric の全ソフトウェアを StratusftServer にインストールしました。これにより、このデータセンターのお客様は、通常は複数のコンピュータにインストールされる自動化・制御用のソフトウェア資産をすべて、単一かつ冗長化された仮想化エッジ プラットフォームに統合することが可能になりました。

「今起きていることの素晴らしさは、すべてがEcoStruxureに集まってきていることです。私たちは、すべてのものを1つの場所に集め、1つの場所で、1つのプラットフォームについて心配する必要があります」とスターキーは言います。

このソリューションは、1万2000平方フィートのデータセンターにワークロードの統合と運用の回復力を提供し、計画外のダウンタイムから99.999%の可用性で保護するとともに、すべての異種の自動化の島を統合しています。この結果、ハードウェア、パネルスペース、配線の削減により、コストを削減し、将来の成長に向けて容量を増やすことができました。

DCIは、お客様をエコシュア・ソリューションに移行させることで、お客様のバラバラだったシステムを、完全に統合された、しかもダウンタイムのない単一のビル管理システムに統合することができたのです。

「世界最高のソフトウェアや、最高のEcoStruxure構成も可能です。しかし、常に故障するようなサーバーがあれば、そのソフトウェアへの投資は何の価値もありません。

データセンターのビル管理システムを障害から保護するために、DCI はアプリケーションの信頼性を高めるフォールトトレランスを提供する StratusftServer を搭載しました。このサーバーは、EcoStruxure ソフトウェアを計画外のダウンタイムから保護することで、データセンターの顧客が可視性を失うことを防ぎます。

また、仮想化により、シンクライアントを Stratus プラットフォームの他のアプリケーションと同時に実行することが可能であると、David は説明しています。この機能を EcoStruxure ソフトウェアと組み合わせることで、オペレータが携帯電話、タブレット、ラップトップなどのリモート モバイル デバイスを使用して監視と制御を行うことができるため、制御室やパネルを越えてデータセンターの機能を拡張することができます。

「ストラタスのプラットフォームで動作するシンクライアントがあれば、運用チームがどこにいても、コントロールルームにいても、自宅にいても、モバイルデバイスから情報を見て、障害、問題、アラーム、イベント、データセンターで発生したあらゆることに対処することができます」と、David氏は述べています。「故障であれ、アラームやイベントであれ、すぐに対処することができるのです」。

「EcoStruxureとStratusは、データセンターの運用をすべて処理でき、サイロ化した運用を単一のプラットフォームで統合し、その過程で、すべての異種データと自動化の島を統合できたため、大きな勝者となりました」とStarkey氏は言います。

信頼できるパートナーとしての価値

DCIが仕様書を作成する際、データセンターのお客様には高可用性の冗長性が必要であることが明らかになったのです。ストラタスは、シュナイダーエレクトリック社と深い関係にあるDCI社に推薦されました。

ストラタスは、Schneider Electric 社とも成熟した関係を築いています。両社は、EcoStruxure Micro Data Center ソリューションを共同開発しました。

"密閉型ラックにStratusの連続稼働とシュナイダーエレクトリックの無停電電源を搭載し、コンパクトにしたビッグデータセンターとお考えください。工場フロアや施設に設置して、ヒストリアン、MES、バッチ、アセットパフォーマンス、AIといった他の高度なソリューションとともにHMI-SCADAを稼働させることができます」と、Schneider Electric Exchangeで積極的に貢献し、データセンターに関するさまざまなトピックについてフォーラムの会話に参加することが多いDavidは述べています。

EcoStruxure と統合されたストラタステクノロジーズのソリューションは、お客様に安心感を与えるものであると説明し ています。"これらのサーバーは一度稼働すると、交換を決めるまで、ほぼ永遠に稼働し続けます。"しかし、たとえコンポーネントが故障しても、ftServer'の即時連続稼働、業界標準の冗長コンポーネントによるデータ保護、同期、レプリケーションにより、顧客は業務を継続することができると、Davidは述べています。

障害発生時にはストラタスに自動的に通知され、問題には直ちにフラグが立てられ、お客様やDCIなどのサービスプロバイダーには部品が故障したことがメールで通知されます。

"私たちは、自動的に交換用のサブシステムをお客様に送ります。「多くの場合、お客様は交換品を受け取ってから、何か悪いことが起こったことを知るのです。これは、私たちのプラットフォームの信頼性と、パートナーシップの証しです。

シュナイダーエレクトリックのパートナーであるDCIとストラタスが提供するソリューションに加え、Schneider Electric Exchangeのデータセンター事業者向けコミュニティでは、直面する大きな課題に対処するための答えを見つけ、革新的で信頼できるデータセンターソリューションの構築に向けて協力し合うことができます。

そこで、データセンター分野における最も差し迫った課題を解決するために、コラボレーションする準備はできていますか?

関連情報

トップへのスクロール