ケーススタディ

ロジネット

エッジ コンピューティング in 中流 石油・ガス

Stratusエッジ コンピューティング Petra Srl社におけるLoginetの次世代ターミナル・オートメーション・ソリューションにより、ダウンタイムをなくし、デポ全体の可視性を実現した方法。

課題

  • ターミナル業務の自動化により、正確性の向上、セキュリティの確保、安全性の最大化、13のタンカーレーンの処理効率化を実現
  • 石油製品貯蔵用タンク35基を管理し、1日の製品出荷量は約5,000トン、2021年初頭からの製品出荷量は130万トンを超える
  • 自動化を進め、精度、安全性、デポ効率を向上させ、コスト削減を図る
  • 分析、アラート、改善のための運用の可視化

解決策

  • Loginet Nuovo ガソリンターミナル自動化システム
  • Loginet IBIS LT2 バッジリーダー
  • Loginet GraLターミナル
  • ストラタス ztC エッジ ペアのフォールトトレラント構成で

メリット

  • 充填時間を30分から20分に短縮
  • ERPや税関報告書とリアルタイムに接続されたオペレーション
  • システムを統一し、データを確実に取り込むことで、デポ全体のオペレーションを可視化。エッジ コンピューティング
  • Stratusエッジ コンピューティング プラットフォームを使用し、10年間計画外ダウンタイムゼロのターミナルオートメーションシステム。

イタリア最大の石油サービス会社の1つであるPetra Srlは、国内最大級の油槽所を所有・運営し、毎日数百万リットルの石油とガソリンを取り扱い、数百台のトラックに積み込んでいます。Petra社は、油槽所業務の効率化と正確さを実現するために、イタリア・ミラノに拠点を置き、石油製品の流通を扱う高度な産業用オートメーションシステムの設計と実装において25年の専門知識を持つシステムインテグレーター、Loginet社の次世代ターミナルオートメーションソリューション、Nuovo Petrolを導入しています。

Stratusエッジ コンピューティング により、ロジネットは、デポ業務の自動化、取引データの ERP システムへの接続、出荷依頼の管理、通関情報の追跡を行う包括的なターミナル・オートメーション・ソリューションを提供し、そのすべてが耐障害性に支えられた単一のコンピュートプラットフォームで実行されるようになりました。Petra 社は、Stratusエッジ コンピューティング の Loginet ソリューションを通じて、手動プロセスの自動化と異種端末システムの統合を行い、リスクの低減、リアルタイムデータの実現、オペレーションの可視化の一元化を実現しました。その結果、同社はデポのロード時間を 33% 短縮し、30 分かかっていたプロセスを 20 分に短縮し、 Stratusエッジ コンピューティング を使用して 10 年間でダウンタイムがゼロになりました。

Loginet Nuovo Petrolによる高度なターミナルオートメーションとロジスティクス

Petra は 10 年以上にわたって、Loginet の主要なターミナル自動化プラットフォームである Nuovo Petrol を利用して、デポ業務の合理化と自動化を実現しています。Nuovo Petrol ソリューションは、アクセスコントロールや計量ステーションからベイでの配送、書類発行まで、すべてのターミナルの手順とプロセスを制御・監視しています。このソリューションは、カメラ、バッジリーダー、計量ステーション、メーター、フローコンピュータなどのさまざまなハードウェアデバイスと、高度にカスタマイズされたソフトウェアを組み合わせて、数エーカーのキャンパス全体で人、車両、機器、石油製品を最適化します。

ロジネットは、最高レベルの信頼性を実現するために、Stratus ztCエッジ コンピューティング プラットフォーム上でアプリケーションを実行し、Petra の重要なプロセスのデータ取得と処理を保証しています。

Nuovo Petrol ソリューションを導入する前、Petra はヒューマンエラーが起こりやすい数多くの手動プロセスに依存していました。トラックがターミナルに入り、積み込み、処理し、ターミナルから出るまでの一連の流れは、効率とターミナル業務全体の可視性を妨げるいくつかの切断されたプロセスで構成されていました。

導入後、ペトラはNuovo Petrolソフトウェアによってプロセスを自動化し、ビデオターミナルからプリンター、機器バルブに至るまで、インテリジェントなネットワーク機器を使用して、デポ全体の活動を調整・制御できるようになりました。具体的には、積荷予約、入出庫管理、コール・トゥ・ロード、通路負荷の管理、重量管理などのプロセスを管理し、各種操作、記録、報告の順序が正しいかどうかを検証するための基本ロジックを実行します。万が一、矛盾や不備があった場合は、オペレーターにアラームを発します。ターミナル業務から得られるすべてのデータは、ペトラのCRMサーバーと連携し、法的要件とコンプライアンスを満たすために必要なすべての財務および旅行安全に関する文書を即座に生成します。

ターミナル・オートメーション・ソフトウェア、受注、通関がStratusで統合される ztC エッジ

複雑なターミナルオートメーションシステムの信頼性を確保するため、ロジネットは、フォールトトレランスのために Stratus® コンピュートプラットフォーム上で Nuovo Petrol ソリューションを実行します。 ztC エッジ コンピュート・プラットフォームで稼働させ、フォールト・トレランスを実現しました。は、安全で堅牢、かつ高度に自動化されたコンパクトなサーバーです。 ztC エッジ は、セキュアで堅牢、かつ高度に自動化されたコンパクトなサーバーで、ビルトイン仮想化、簡素化されたセキュリティ、OT管理性、自動保護、容易なフィールドサービス性を提供します。さらに、UL Class 1 Div 2認証とIP40等級に対応した堅牢な環境に理想的な専用設計となっています。

Loginetは ztC エッジを利用し、フォールトトレランスに支えられた1つのユニットで複数のソフトウェアアプリケーションを効率的に実行することができます。

「Loginet 社の CEO である Leonardo D'Alimonte 氏は、「Petra のインストールでは、Stratus サーバを複数の仮想マシンで動作するように構成しました。「まず、MicrosoftWindows サーバーを実行する仮想マシンをセットアップし、Petra が Nuovo Petrol のメインアプリケーションを実行するために必要なすべてのソフトウェアで構成しました。次に、出荷依頼を出すためのペトラの作業用ポータルを展開することができました。そして最後に、Windows サーバーでリアルタイムの Web サービスをホストして、ドライバーがデポを出る前に必要なすべての公式文書を生成しています。"

端末の稼働状況をリアルタイムに把握、ダウンタイムなし

ロジネットのNuovo Petrolソリューションは、デポ全体のデータ収集を可能にするためにシステムを統合しました。バッジリーダーや現場計測器からのデータは、Stratus上でNuovo Petrolに送信されます。 ztC エッジ.また、エッジ プラットフォームは、13 のタンカーレーンにある 60 の電子計算機ヘッドからデータを受信します。その結果、PetraはNuovo Petrolのデータベースから取得したデータでダッシュボードを操作し、分析図や統計を作成することができるようになりました。また、デポ管理のための運用状況の可視化にもデータが表示されます。その結果、コントロールセンターからデポ内部の状況をリアルタイムでパノラマ表示することができるようになりました。オペレーターはモニターから、配送から出入口ゲートまでのすべてのオペレーションを制御・監督することができます。

ロジネットのオートメーションエンジニアであるジャンルイジ・カンピサーノは、「オペレーターは、搬入口がどのように機能しているか、各搬入の期間を分析し、ポンプが正しく機能しているか、バルブが時間内に閉じているか、温度プローブが正しい値を測定しているかなどを確認することができます」と説明します。ですから、このデータを取得することで、このデータを管理・分析することができるのです。"

「この新システムでは、システム自体が手順を段階的に制御するため、ヒューマンエラーを大幅に減らすことができ、事故や予定外の動作が起こりにくい安全な環境を作ることができます。

ペトラの流線型デポー

Nuovo Petrol ターミナルオートメーションプラットフォームの長期ユーザーとして、Petra はターミナルのスループットを劇的に向上させました。「導入前、Petra がターミナルの手動プロセスに依存していたとき、車両の入庫から出庫までの積載プロセスを完了するのに最大 30 分かかっていました」と D'Alimonte は語ります。「今では、同じ工程を平均20分程度で終えることができます。より多くのトラックを積み込むことができるようになっただけでなく、ミスのない実証済みのプロセスを確保することができるようになったのです。

さらに、Stratus ztC エッジ プラットフォームは、次世代のアップタイムとアベイラビリティを提供します。「ロジネットのオートメーションエンジニアである Gianluigi Campisano 氏は、「ペトラは 10 年以上にわたって計画外停止を経験していません。と、ロジネットのオートメーションエンジニアである Gianluigi Campisano 氏は述べています。「ストラタスを基盤として、彼らは一度もビジネスの中断を経験していません。私たちの顧客がそのような極めて高いレベルの信頼性を必要とするとき、私たちは継続的なコンピューティングのためにストラタスに依存し続けるでしょう。"

関連情報

トップへのスクロール