ウェビナー

エッジにサイバーセキュリティを大胆に導入するために

Velta TechnologyとClarotyによるウェビナー

エッジインダストリー4.0のデータフローによる情報機会の増加に伴い、サイバーセキュリティリスクも増加する可能性があります。エッジ コンピューティング は、組織が資産から洞察を得るためにインダストリー4.0の機会を追求し、産業分野で最も急速に成長している分野の一つです。今後数年の間に、IDCはエッジ デバイスがグローバルデータの51%以上を生成すると予測しています。

エッジ での成功は大きな可能性を秘めていますが、企業はサイバーセキュリティを、エッジ での機会を完全に追求する前に解決すべき重要な課題として認識しています。運用技術 (OT) チームと情報技術 (IT) チームは共に、これらの新しい環境でサイバーセキュリティを自信を持って実装し、セキュリティ体制をエッジ の場所にまで拡大するためのベストプラクティスと戦略を理解する必要があります。

Stratus、Velta Technology、Clarotyによるパネルディスカッションでは、新たなセキュリティの概念を解明し、「Fearlessly Implement Cybersecurity atエッジ.」ができるようにします。

学習目標

  • エッジにおける脆弱性とリスクの測り方
  • OT、IoT、IIoTにおける重要な機器やデータのプロセスインテグリティを推進するためのストラテジー
  • 自律型エッジ コンピューティング プラットフォームを安全に展開するためのアプローチ
  • エッジ から企業へのデータ伝送を保護する方法
  • エッジ サイバーセキュリティ戦略を "説得力のあるイベント "で組織横断的に伝える方法。

注目のスピーカー

バリー・デレッセ
ストラタス・テクノロジーズ社 製品管理・製品マーケティング担当シニア・ディレクタ

Dino Busalachi
CTO, Velta Technology

Jim Cook
COO, Velta Technology

フランク・コーエン
クラロティ、アメリカス担当ゼネラル・マネージャー

関連情報

トップへのスクロール