ウェビナー

オートメーションと制御の近代化。予算内で制御システムの信頼性を向上させる方法

エッジ を使用して、石油プラットフォームを Allen Bradley PLC 5 から PlantPAx DCS にアップグレード。

QuarterNorth Energy社のMichael Kinzel氏、Enginuity Global社のEric Belgard氏、Stratus Technologies社のJason Andersen氏が、米国最大の固定式海洋石油プラットフォームであるBullwinkle Oil Platformの自動化および制御システムの近代化に必要なものについて議論します。

参加者は、Enginuity GlobalがBullwinkleプロジェクトを遂行する上で経験した、以下のような主要な技術的成功について学びます。

  • 老朽化した制御システムを近代化するためのエッジ の活用法
  • 既存の Allen-Bradley PLC 5 制御システムを PlantPAx DCS にアップグレードするために必要なこと。
  • 耐用年数を過ぎたコンピュータ(6台のサーバー、16台のワークステーション、複数のソフトウェアとオペレーター・インターフェース)を単一のエッジ コンピューティング プラットフォームに統合する方法。
  • 人員の安全性を高め、サイバーセキュリティを向上させ、オートメーションと制御システムを計画外のダウンタイムから保護する方法

注目のスピーカー

Eric Belgard
Automation + Controls Business Unit Manager, Enginuity Global
制御・安全システム分野で15年以上の経験を持ち、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーキング、テスティングのすべてを網羅。概念設計から実装、継続的なメンテナンスまで、プロジェクトを主導してきた。安全および制御システムの両方でプロフェッショナルレベルの経験を積んでいる。現在、鉄鋼、石油・ガス、化学、石油化学、精製、パルプ・製紙プロセスなど、さまざまな産業で複数のプロジェクトを主導している。これには、安全システム、プロセスシステム、SCADAシステムの両方が含まれます。Ericのチームは15人以上、さらに増え続けています。彼のシニア専門家チームは、顧客の最も複雑な問題を支援するために豊富な経験を持っています。

Michael Kinzel, P.E.
Subsea Automation & Controls Engineer, QuarterNorth Energy
Michael Kinzel は、製造会社、エンジニアリング会社、O&G E&P 会社で実務経験を積んできました。彼は2018年夏にQuarterNorth Energyに入社し、Subsea制御システムエンジニアとして勤務しています。マイケルは4つの修士号、P.E.、CEng、PMPを取得し、博士号取得に取り組んでいます。

ジェイソン・アンダーセン
Stratus Technologies 社 ビジネスライン管理担当副社長
Jason Andersen は、ビジネスライン管理担当副社長として、ストラタス製品およびサービスの製品ロードマップと市場投入戦略の策定に責任を負っています。オンプレミスおよびクラウドベースのインフラストラクチャを深く理解し、約20年にわたり製品およびサービスの市場投入を成功させるための責任者となっています。2013年にストラタスに入社する以前は、Red Hatのプロダクトライン・マネージメント担当ディレクターを務めていました。この役職では、JBossアプリケーション製品の市場投入戦略、製品紹介、および製品マーケティングを担当しました。それ以前は、Red Hat と IBM Software Group で製品管理職を務めていました。

Lisa Richter
Director of Industry Outreach and Growth, Control System Integrators Association
リサ・リヒターは、CSIA の産業アウトリーチおよび成長担当ディレクターとして、CSIA 会員のビジネス成長、業界の専門知識の共有、制御システム統合の業界発展を支援しています。また、SI、サプライヤ、エンドユーザが学び、ビジネスを行うためのスマートディレクトリであるIndustrial Automation ExchangeのTalking Industrial Automationポッドキャストのホストも務めています。

関連情報

トップへのスクロール