データシート

everRun®エクステンド

WAN経由で接続されたサイト間で、非同期レプリケーションを使用してフォールトトレラントアプリケーションのディザスタリカバリを可能にします。

自然災害、機械的障害、停電、人為的なミスなど、災害は施設内のすべてのコンピューティング リソースの全損失をもたらし、数日から数週間の間、ビジネスが機能しなくなる可能性があります。Arcserve Continuous Availability を搭載した Stratus® everRun® Extend を使用すると、システムの冗長性と広域ネットワークベースのディザスタリカバリを組み合わせて、リモートサイトに設置されたホットスタンバイシステムを維持することができます。

Arcserve Continuous Availability ソフトウェアは、StratuseverRun ソフトウェアのコア機能を拡張し、広域ネットワーク (WAN) にまたがるディザスタリカバリ (DR) 機能をサポートし、プライマリサイトとリモート DR サイトのいずれか、または両方のシステムの冗長性と連動しています。

主なメリット

  • 事業継続性を確保します。サイト全体の災害から重要なアプリケーションとデータを保護
  • 展開と管理を簡素化します。直感的なシナリオ・ビルダーとコントロール・サービスを使用して、セットアップ、設定、および管理を迅速かつ簡単に行うことができます。
  • 必要な分だけお支払いください。物理的および仮想的な要件に合わせて、3つの異なる構成からお選びいただけます。

どのように適合するかeverRun

everRun は、サーバの障害、その他のシステムやネットワーク コンポーネントの障害からお客様を保護します。Arcserve Continuous Availability は、サイトの災害時にディザスター リカバリを提供します。最も典型的なお客様の構成には、プライマリ サイトで実行されるeverRun システムと、セカンダリ DR サイトの 1 台の物理マシン上で実行されるWindows またはLinux システムが含まれます。Arcserve Continuous Availability は、プライマリ サイトと DR サイト (マスターとレプリカとも呼ばれます) の間で DR を提供します。また、一部のお客様は、災害復旧シナリオ実行後に高可用性を確保するために、everRun システムを DR サイトで維持しています。

Arcserve DR ソフトウェアは、Windows またはLinux システムにインストールされ、そのシステム上で実行されているアプリケーションを保護します。Arcserve DR ソフトウェアは、everRun 製品群の補完的でレイヤ化された製品です。Windows/Linux システムは、物理マシン、仮想マシン (VMware など)、またはeverRun Protected Virtual Machine (PVM) で動作するWindows/Linux システム上で動作します。

Arcserve Continuous Availability は、リモート DR サイトのWindows/Linux システムにもインストールされます。これは、物理マシン上で動作するWindows/Linux システム、仮想マシン上で動作する / システム(VMware など)、またはeverRun Protected Virtual Machine (PVM) 内で動作するWindows/Linux システムのいずれかとすることもできます。

3つの構成が可能です。

1.V2P。プライマリサイトはeverRun PVM でアプリケーションを実行し、DR サイトはeverRun 以外のシステムでアプリケーションを実行しています。

2.V2V: 両サイトともeverRun PVM でアプリケーションを実行しています。

3.P2P。どちらのサイトでも、アプリケーションは物理マシン上のWindows/Linux システムで動作しているか、everRun 以外のシステムで動作しています。

同じソフトウェアを使用して、3つの構成すべてを有効化して配信します。ただし、これら3つの構成のライセンス費用は異なります。上記の違いを除けば、これら3つの構成の機能や機能に違いはありません。

どのように設定されているか

プライマリサイトには、保護対象のアプリケーションを実行するためのシステムがセットアップされています。別のシステムは、アプリケーションを実行するために DR サイトにセットアップされます。どちらのシステムも、everRun またはeverRun 以外の VM、または物理的なWindows/Linux システムにすることができます。アプリケーションは両側でロードされ、Arcserve エンジンは両側のオペレーティング システムにロードされます。以下に説明する目的のために、Arcserve が使用する WAN 接続が設定されています。

通常の処理中、Arcserve ソフトウェアは、プライマリ サイトと DR サイトの間で、すべてのアプリケーション データのリアルタイムかつ即時の非同期レプリケーションを実行します。プライマリ サイトでは、アクティブなアプリケーションが実行されます。DR サイトはアプリケーションを実行しておらず、必要に応じてプライマリ サイトから引き継ぐことができるように、単に最新の状態に保たれています。

プライマリ・サイトに完全な障害が発生した場合、Arcserve ソフトウェアは DR シナリオを実行し、プライマリ・サイトの ID を使用してネットワーク上に DR サイトを立ち上げ、最新のデータ・コピーを使用してアプリケーションを再起動します。

別のコンポーネントであるコントロールサービスモジュールは、スタンドアロンマシン(物理または仮想)にインストールされます。コントロールサービスは、高可用性を実現するためにレプリケートすることができます。フェイルオーバーシナリオは、プライマリサーバからDRサーバへのフェイルオーバーを駆動し、(必要な場合には)Control Serviceから実行されます。

コントロールサービスは中央制御システムであり、ユーザー/システムマネージャーはブラウザベースのマネージャーインターフェースを使用してコントロールサービスに接続し、全体の構成を可視化して制御することができます。

コントロールサービスは、Arcserve のリカバリとフェイルオーバー操作を制御する単一のポイントとして機能し、既存のシナリオのデータが含まれています。コントロールサービスは、すべてのシナリオ関連のタスクを管理し、それに接続されたマネージャによって Arcserve のアクティビティを監視することができます。コントロール サービスのデータを失ったり、シナリオを管理および監視する機能を失ったりする危険性を克服するために、Arcserve Continuous Availability ではコントロール サービスのレプリケーション (冗長性) とフェイルオーバーを提供し、コントロール サービスのデータと機能の非常に高い可用性を保証します。

技術的な詳細

1.2つのサーバー間の最大距離。

  • 最大距離はありません。2台のサーバーはWANで接続されています。

2.プライマリサイトとDRサイトのWindows システムの追加ハードウェア要件。

  • なし。アプリケーションを実行するように適切に設定された 2 つのシステム(標準Windows/Linux サーバーまたはeverRun ベースのシステム)では、追加のハードウェアなしで Arcserve を追加することができます。

3.プライマリサイトとDRサイトのWindows システムのソフトウェア要件。

  • Windows Server 2019、Windows 2016、2012 R2、2012、2008 R2、2008。

4.プライマリサイトとDRサイトのLinux システムのソフトウェア要件。

  • Red Hat 7.4~7.7、6.8~6.10、CentOS 6.8~6.10、7.4~7.6、SUSE Enterprise Server 11 SP4、12 SP2~SP4、15、OracleLinux 7.4~7.6、6.8~6.10。

5.制御サービスシステムのハードウェア/OS要件

  • Windows Server 2019、Windows Server 2016、2012 R2、2012。

6.2つのサーバー間のWAN接続の最小帯域幅。

  • プライマリサイトからDRサイトに送信されるファイル/データベースの更新を実行するのに十分な帯域幅。ユーザーは、アプリケーションの知識に基づいてバックオブザエンベロープの計算を行ったり、アセスメントモードを実行して必要な帯域幅を決定したりすることができます。

7.2つのサーバー間の最大往復レイテンシ。

  • 信頼性の高いWAN接続が存在する限り、遅延は問題ではありません。

8.8.経営者。

  • 管理センターと呼ばれる管理ユーティリティは、ブラウザを介して利用でき、システムの状態をユーザーに提示します。ブラウザはコントロールサービスに接続します。
  • 重要なイベントが発生するたびにタスクを実行するように設定することができます。

i.イベントの説明を記載したメッセージを送信します。

ii.ユーザー指定のスクリプトを実行する。

心配のないコンピューティングの詳細については、stratus.com をご覧ください。

関連情報

トップへのスクロール