ケーススタディ

中野サンプラザ

多様な事業サービスを支えるICTシステム基盤に「ftServer」を導入。高信頼なシステム基盤と運用管理工数の低減を同時に実現した仮想化統合成功事例。

中野のランドマークとして愛される「中野サンプラザ」は多くのアーティストがコンサートやイベントを開催しているホールや、ホテル、レストラン、カフェ、宴会場、結婚式場、研修室などが完備された文化複合施設だ。多様な事業サービスを展開する同社は、順次リプレースを迎える既存のシングルサーバシステムを仮想化統合基盤に集約するため、ストラタステクノロジーのftServerを採用し、可用性の向上と運用管理工数の低減を同時に実現している。

課題

東京都中野駅前にある中野サンプラザは、大小2つの三角積み木を合わせて置いたような特徴的なビルの形の文化複合施設だ。イベントやコンサート、式典が連日開催されている2,222席からなる大規模イベントホールをはじめ、ホテル、レストラン、宴会場、結婚式場、研修室など、まちの「にぎわいと活力」の核となる生活文化の情報発信基地として、多くの人々に親しまれている。

名実ともに地域の顔である中野サンプラザは、多様な従業員がその多様な事業サービスを 支えている。

同社ではICTシステムの導入を進め、各業務に共通する情報基盤を整備し、宴会場予約管理システムやホテル予約管理システムなど、業務ごとのニーズに合わせたシステムを構築して業務の効率化を図ってきたが、それらのシステムが稼動するサーバリプレースにあたり、さらなる効率化を求めた。

 「既存システムは、物理サーバ1台に対し1システムを構築しています。今後、数年間に亘り順次サーバのリプレースが必要になることがわかっていました。正直なところ、ハードウェアを入れ替えるためだけに毎年のように膨大なコストと時間をかけたくありません。初期設定や移行作業の工数も大きな負担になります。そこで、このタイミングで仮想化技術を使ったサーバ統合を実施しようと考えました」と、管理本部 総務課の宮内政史氏は当時を振り返る。

情報システム部門を持たない中野サンプラザのICTシステムは、主に宮内氏が運用保守をしている。複数の物理サーバを仮想化基盤に集約し、リプレース作業だけでなく、今後のサーバ運用保守業務が効率化できることは大きなメリットだった。

解決策

「いくつかのベンダに相談したところ、クラスタ構成の提案をいただきました。複数台の物理サーバを連携させ、データを共有ストレージに格納する構成でしたが、運用管理に懸念を覚えました。構築作業の工数もかかりますし、障害発生時に本当にフェールオーバーできるのか、といった疑問が残ります。共有ストレージがシングルポイントになってしまうのも問題だと考えました。運用管理担当者が一人しかいない当社には、もっとシンプルで信頼性が高いサーバ基盤がないか探しました」と、宮内氏は語る。

複数の物理サーバを仮想化統合するということは、そのハードウェア基盤に障害が発生した場合、その基盤上に構築されている仮想サーバで稼動するすべての業務システムに影響が及ぶ。ハードウェア障害により全業務が停止する、という事態も起きかねない。安心して運用できる仮想化基盤には、高い可用性が必要なのだ。

ftServerは、CPU、メモリ、PCI、ディスク、電源等すべてのコンポーネントが二重化され、2つのCPUが常に同期をとりながら同じタイミングで処理を実行するため、片方のコンポーネントに障害が発生しても、ミラーリングされたコンポーネントが処理を継続する。この際、システムの『切り替え』を伴わないため、OSや稼動しているアプリケーションには影響を与えない。人手を介さず連続稼動を実現するシンプルで高信頼なシステムだ。

「実はftServerについては以前から知っていました。ミッションクリティカルな金融機関などに採用されている高価なシステムだという認識を持っていたのですが、見積を見て驚きました。クラスタ構成の提案は構成が複雑で見積書が数ページに及びます。ftServerの見積書は1枚だけだったのです。しかも費用も他システムと大差ありませんでした。見積書が多いと言う事は構成部品が増えることを意味します。そうすれば故障のリスクも高くなりますし、故障箇所が一ヵ所でもシステムダウンしてしまう可能性があります。それに比べてftServerは非常にシンプルで運用管理に手間を取られることもなく、共有ストレージがシングルポイントになるという課題も解決できます。当社の要件に合致するハードウェアでした。」宮内氏は評価機を利用し、既存システムからのP2V検証などを実施した。

「ftServer プラットフォームのハードウェア、ソフトウェア、サービスのすべてが、計画外のダウンタイムを防ぐように設計されているため、中野サンプラザの重要なアプリケーションが常に利用可能であることに安心感を覚えます。フェイルオーバースクリプトやテストの繰り返し、アプリケーションにクラスターを意識させるための特別な努力を必要とせず、フォールトトレラントな可用性の利点をすべて得ることができました」。
宮内正志氏
総務部
中野サンプラザ管理本部

結果

宮内氏は、「システムの運用管理に手間をかけたくない、と最初は仮想化統合することを目的にリプレースを検討しましたが、複数システムを集約するのであれば当然信頼性要件も高くなる。現在はサーバの運用・管理に工数を割く必要がなくなり、業務効率を向上させるための業務アプリ開発などに注力できるようになりました」と、語る。

「生産性も向上していると感じています。当社はホテルやレストラン運営など、止められない業務システムを多く抱えています。信頼性を求めたら結果的に運用がシンプルになり、業務の効率化まで全て実現できました。今後、宴会場予約管理システムやホテル予約管理システムといった業務システムもftServerの仮想化環境にマイグレーションしていく予定です。ストラタス社はサポートも手厚く、安心して運用ができます。ftServerを導入して非常に多くのメリットがありました」と、北村氏も語る。

ftServerを基盤に仮想化統合を実現し、高信頼なシステム基盤と運用管理工数の低減を同時に実現した中野サンプラザ。多くの人々が訪れる中野区のランドマークタワーは、24時間365日止まらない高いサービスで最高の「おもてなしの場」を提供している。

関連情報

トップへのスクロール