ホワイトペーパー

エッジ コンピューティング: インダストリー4.0マシンの設計・開発・製品化を加速する基盤 (英語)

機械装置市場におけるデジタル化は急速に加速しています。これは、近年の課題により旧来のビジネスのやり方の変革が余儀なくされ、機械製造は設計段階から再考することが求められているためです。インダストリー4.0が展開される中、製造メーカーは、アナリティクス、人工知能(AI)、機械学習(ML)などの機能や、MaaS(Machine-as-a-Service)の要件を満たすことができる機器の提供を求められています。

現在および将来のエンドユーザーのさまざまな要求を満たし、市場投入までの時間を短縮する弾力性のあるスマートマシンを構築するために、エッジ コンピューティング プラットフォームが利用されています。

このホワイトペーパーでは、エッジ コンピューティング がどのように機械の設計、開発、納入を加速させることができるかについて解説しています。

  • エッジ コンピューティング を組み込むことで、新たなレベルの信頼性を実現する。
  • データ収集、ソフトウェアの展開、および将来の柔軟性を確保するための基礎を築く
  • エンドユーザーに提供するスマートマシンのプロビジョニングに、容易な再現性と拡張性を追加
  • サイバーセキュリティに対応しながら、ゼロタッチやリモート操作を可能にする。
  • マシン・アズ・ア・サービスのモデルに移行し、新たな収益を生み出す。

関連情報

トップへのスクロール