ウェビナー

エッジ コンピューティングの現在のIT/OT用途トップ5 (英語)

プロジェクトの要件やビジネスの期待が年々高まる中、自動化の手法は進化し続けています。これと並行して、従来の産業用制御システムのアーキテクチャにエッジ コンピューティング の機能が加わることで、より高いレベルの柔軟性が実現されています。このウェブキャストでは、ストラタスが、地域のデータセンター、制御室、工場フロア、遠隔地での例を挙げて、エッジ コンピューティング の現在の IT/OT アプリケーションのトップ 5 を紹介します。

このウェビナーに参加して学びましょう。

  • 現代のエンジニアは、どのようにしてリスクを減らし、シンプルさを追求しているのでしょうか。エッジ コンピューティング
  • 適切なアプリケーションと環境を特定する方法エッジ コンピューティング
  • 実用的でわかりやすいエッジ コンピューティング の現場での活用法トップ5
  • 設計・施工・保守の各段階で、何を基準にして検討するかエッジ コンピューティング

注目のスピーカー

John Fryer
Senior Director Industry Solutions, Stratus Technologies
ジョン・フライヤーは、ストラタステクノロジーのシニア・ディレクター・インダストリー・ソリューションズとして、同社のすべての製品ラインにおけるGo-To-Market戦略とインダストリー・イニシアチブを担当しています。同氏は、Motorola、Emerson Network Power、Oracle などの新興企業や大手企業において、エンジニアリング、マーケティング、経営者などさまざまな立場で、システムおよびソフトウェア製品に25年以上携わってきました。また、15年以上にわたり、エンタープライズ、オートメーション、ネットワーク業界向けの高可用性ソリューションを担当してきました。重点分野は、エッジ コンピューティング とデジタルトランスフォーメーション。

関連情報

トップへのスクロール