ウェビナー

エッジ コンピューティングの現在のIT/OT用途トップ5

プロジェクトの要件やビジネスへの期待は年々増加しており、自動化の手法は進化を続けています。それと並行して、従来の産業用制御システムのアーキテクチャと相まってエッジ コンピューティング の機能が台頭し、柔軟性が増しています。このウェブキャストでは、ストラタスがエッジ コンピューティング の現在の IT/OT アプリケーションのトップ 5 を紹介し、地域のデータセンター、制御室、工場のフロア、遠隔地の例を紹介します。

このウェビナーに参加して学びましょう。

  • 現代のエンジニアがどのようにしてリスクを軽減しているか(シンプルさを増しながら)。エッジ コンピューティング
  • に適したアプリケーションと環境を見極める方法エッジ コンピューティング
  • 実践的でわかりやすいトップ5エッジ コンピューティング 現場からの応用編
  • 設計・施工・メンテナンスの段階で検討する際の注意点エッジ コンピューティング

注目のスピーカー

John Fryer
Stratus Technologies, Senior Director Industry Solutions, Stratus Technologies
John Fryer は、Stratus Technologies の Senior Director Industry Solutions であり、同社の全製品ラインを対象とした市場投入戦略と業界イニシアティブを担当しています。彼は、モトローラ、エマソンネットワークパワー、オラクルなどの新興企業や大企業で、さまざまなエンジニアリング、マーケティング、管理職としてシステムやソフトウェア製品の開発に25年以上の経験を持っています。エンタープライズ、オートメーション、ネットワーキング業界向けの高可用性ソリューションに15年以上携わってきました。主な担当分野はエッジ コンピューティング とデジタルトランスフォーメーションです。

関連情報

トップへのスクロール