ウェビナー

エッジ コンピューティング アプリケーションの5つの具体例 (英語)

エッジ コンピューティング から最高のパフォーマンスを引き出すには、デジタルトランスフォーメーションの旅が必要です。

エッジ コンピューティング の専門家であるジョン・フライヤーが、革新的な企業が現場から制御室に至るまで、どのようにして最高のパフォーマンスを実現しているかについて、実際のディスカッションを行います。このウェブキャストでは、オペレーショナル・エクセレンスを推進する上で、エッジ コンピューティング を活用する「if、when、how」についての理解を深めることができます。

学習目標。

  • エッジ コンピューティング Maturity Model(成熟度モデル)を参考に、現在の状況と今日できることを考えてみましょう。
  • 自動化の取り組みの有効性を高めるために必要なステップについての洞察を得ることができます。
  • 展開して得られた結果を解説した事例を紹介します。エッジ コンピューティング

注目のスピーカー

John Fryer
Senior Director Industry Solutions, Stratus Technologies
ジョン・フライヤーは、ストラタステクノロジーのシニア・ディレクター・インダストリー・ソリューションズとして、同社のすべての製品ラインにおけるGo-To-Market戦略とインダストリー・イニシアチブを担当しています。同氏は、Motorola、Emerson Network Power、Oracle などの新興企業や大手企業において、エンジニアリング、マーケティング、経営者などさまざまな立場で、システムおよびソフトウェア製品に25年以上携わってきました。また、15年以上にわたり、エンタープライズ、オートメーション、ネットワーク業界向けの高可用性ソリューションを担当してきました。重点分野は、エッジ コンピューティング とデジタルトランスフォーメーション。

関連情報

トップへのスクロール