ウェビナー

デジタルトランスフォーメーション

エッジの出現とOT&ITの融合

エッジ コンピューティング の時代は、組織全体で使用されるデータを収集、管理、分析して効率性を高めることで、IT と OT の間のギャップを埋めようとしています。モノのインターネット(IIoT)とスマート製造業が産業イノベーションの第一波を牽引した一方で、デジタルトランスフォーメーション(テクノロジーを中心としたビジネスフォーカスの応用)が次の必須条件となっています。

このウェビナーでは、ITとOTを連携させることの重要性について説明し、別々のインフラを必要とせずに運用とデータ分析機能をシームレスに実行する「インテリジェント・エッジ」を構築することのメリットについて説明します。また、「インテリジェント・エッジ」を実現するためのベストプラクティスについても掘り下げ、組織のシステム統合、コミュニケーション、パフォーマンスの向上に貢献します。

学ぶことになります。

  • メーカーがIT、OTの統合を推進する主な要因
  • ギャップを埋めるための戦略
  • 重点的に取り組むべき重要なデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み
  • エッジ コンピューティング 展開のベストプラクティス
  • エッジで可用性と信頼性を確保する方法
  • 実際の事例とアドバイス

注目のスピーカー

Ashish Nadkarni
Group VP, Infrastructure Systems, Platforms and Technologies, IDC
AshishNadkarniは、コンピューティング、ストレージ、データ管理のインフラストラクチャ・プラットフォームとテクノロジーを調査するアナリスト・チームを率いており、データセンター、クラウド、エッジにおけるインフラストラクチャ関連の新興分野や確立された分野について、リサーチ、データ製品、カスタム・エンゲージメントを通じて、全体的かつ前向きで長期的な視点から調査を行っています。これに加えて、現在および次世代のアプリケーションやワークロード、業種や業界特有のユースケース、新たに登場したストレージやサーバーのフォームファクターと展開モデル、そして今後のITベンダーに関する調査も行っています。

関連情報

トップへのスクロール