ケーススタディ

医療法人財団 興和会 右田病院

現場を止めない医療業務システムの運用負荷とリソース削減で投資対効果を最大化

医療業務システムは診療・健診業務を止めてはならないことが第一。サーバー障害のリスクを極力減らし、万一の障害時にはダウンタイムの発生を防止、そして情報システム担当者の業務負担も軽減する運用管理の手間がかからないシステム基盤構築を実現した成功事例。

関連情報

トップへのスクロール