ウェビナー

IoTエッジ コンピューティング 2020:エッジ アーキテクチャとプラットフォームの動向 (英語)

ストラタスが主催するオンデマンドIoTアナリティクス主催のウェビナー

このウェビナーでは、IoTアナリティクスのアナリストであるマシュー・ウォパタ氏とストラタスのジェイソン・アンダーセン氏が、エッジ アーキテクチャーとエッジ コンピューティング をめぐる現在のトレンドについて語ります。このセッションでは、エッジ コンピューティング の最近の進歩や、製造業、エネルギー、ビル管理、運輸などの幅広いユースケースで見られるベストプラクティスを取り上げます。

勉強になります。

  • 共通のエッジ アーキテクチャへのアプローチ
  • エッジ コンピューティング プラットフォーム市場の動向
  • での今日のベスト・プラクティスの特徴エッジ

注目のスピーカー

Jason Andersen
Stratus Technologies, Vice President of Strategy, Stratus Technologies
ジェイソンは、ストラタスの製品およびサービスの製品ロードマップと市場投入戦略の策定を担当しています。オンプレミスとクラウドベースのインフラストラクチャの両方に精通しており、約20年にわたり製品とサービスの市場投入を成功させてきた。

マット・ウォパタ
IoT アナリティクス、プリンシパルアナリスト
マシューは、米国を拠点に産業技術に焦点を当てたプリンシパルアナリストです。IoTアナリティクスのインダストリアルIoT(Industrie 4.0やインダストリアル・ソフトウェアを含む)のリード・エキスパートです。

関連情報

トップへのスクロール