ウェビナー

How to Leverage Edge Technology and Create Resilient Smart Machines

Control Design、ARC、Stratusによるオンデマンド・ウェビナーです。

VARやOEMは、マシンをより賢く、より弾力的にする方法を模索する中で、従来のマシンアーキテクチャの機能を強化・拡張するために、エッジベースのソリューションに注目しています。これにより、接続性、拡張性、柔軟性、ダウンタイム防止、セキュリティ、データ収集、レイテンシー、帯域幅、資産パフォーマンスモニタリング、AR/VR、AI、機械学習など、デジタル化に伴う要件や要求を満たすことが可能になります。

インダストリー4.0、デジタルトランスフォーメーション、クラウドコンピューティング、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)が一般的な取り組みになると、今日のデータドリブンなスマート装置 オペレーションには、これらの要求に対応するエッジテクノロジーとエッジ コンピューティング プラットフォームが必要になります。

ストラタス-コントロール・デザインのオンデマンド・ウェビナーを見て、以下のことを学んでください。

  • 機械設計における従来のHMI/SCADAアーキテクチャの課題。
  • マシンを運用に耐えうるものにするために必要なこと - セキュリティ、ダウンタイム防止、AI、機械学習、デジタルツインについて詳しくご紹介します。
  • エッジベースのテクノロジーの機会と利点、そしてそれがどのようにマシン・コネクティビティに対応し、クラウド・コンピューティングを補完するかについて。
  • サービス、サポート、MaaS(Machine as a Service)を活用して、マシンビルダーのビジネスを強化するための追加収益源を見つける方法。
  • 弾力性と接続性に優れたエッジベースの導入に必要なものスマート装置.

注目のスピーカー

アリック・プロスト
ストラタステクノロジーズ、OEM担当グローバルリーダー

Aric Prostは、StratusのOEMビジネスラインの戦略と市場投入を担当しています。過去15年以上にわたり、テクニカルセールス、セールスマネジメント、チャネルマネジメント、OEMビジネスディベロップメント、グローバルセールスリーダーシップなど、さまざまな商業的役割を担ってきました。米国陸軍士官学校ウェストポイント校を卒業後、米国陸軍でキャリアをスタートさせた。その後、ロックウェル・オートメーション社で様々な職務を経験した後、ProSoft Technology社に転職し、チャネル開発とOEMインストールベースの拡大に注力した後、最終的にはグローバル・セールス&マーケティングを担当した。環境科学・工学の学士号と経営学の修士号を取得。

クレイグ・レズニック
バイスプレジデント ARC Advisory Group

クレイグ・レズニックは、ARCのオートメーション・サプライヤーや金融サービスのクライアントの多くの主要アナリストです。クレイグの重点分野は、生産管理、OEE、HMIソフトウェア、オートメーション・プラットフォーム、および組み込みシステムです。クレイグは、PLC、プロセス・コントロール・システム、送電装置、フィールド・デバイスの主要なサプライヤーで、産業市場における営業、マーケティング、製品開発、プロジェクト・マネジメントに30年の経験を持っています。クレイグはノースイースタン大学でMBAと電気工学のBSを取得しています。

 

関連情報

トップへのスクロール