ウェビナー

工場とエッジのためのデジタルトランスフォーメーションエッセンシャルズ

デジタルトランスフォーメーション(DX)の理解は、事業運営のあらゆる側面に影響を与えるため、必要になってきています。自動化システムやプラント資産がこれらの取り組みの一部となる場合は特にそうです。さらに、エッジ コンピューティング は、センサー対応資産とクラウドベースの分析との間のギャップを埋める重要な要素です。

エッジでのデジタルトランスフォーメーションの第一人者になりたい方も、DXに関する知識を深めたい方も、ARCのクレイグ・レズニック氏とストラタス・テクノロジーズのジョン・フライヤー氏が率いるこのウェビナーにご参加ください。デジタルトランスフォーメーションの実装を取り巻くベストプラクティスや潜在的な落とし穴について、実用的なアドバイスや洞察を聞くことができます。

ウェビナーで取り上げられるトピックは以下の通りです。

  • エッジでのDXに欠かせない要素
  • エッジ コンピューティング 導入を成功させるための計画の立て方
  • 建築の主要な原則とオプション
  • エッジベースのデジタルトランスフォーメーションの実践例

注目のスピーカー

John Fryer
Stratus Technologies, Senior Director Industry Solutions, Stratus Technologies
John Fryer は、Stratus Technologies の Senior Director Industry Solutions であり、同社の全製品ラインを対象とした市場投入戦略と業界イニシアティブを担当しています。彼は、モトローラ、エマソンネットワークパワー、オラクルなどの新興企業や大企業で、さまざまなエンジニアリング、マーケティング、管理職としてシステムやソフトウェア製品の開発に25年以上の経験を持っています。エンタープライズ、オートメーション、ネットワーキング業界向けの高可用性ソリューションに15年以上携わってきました。主な担当分野はエッジ コンピューティング とデジタルトランスフォーメーションです。

Craig Resnick

クレイグ・レズニックは、ARC のオートメーションおよび金融サービスの多くのクライアントの主要アナリストです。デジタル化、産業用IoT、I4.0、企業統合、業界のベストプラクティス、オペレーショナル・エクセレンスなどをカバーしています。専門分野は、デジタルトランスフォーメーション、オートメーションプラットフォーム、エッジ、OT/ITコンバージェンス、生産管理、HMI/SCADAソフトウェアソリューションなど。クレイグは、PLC、プロセス制御システム、送電装置、フィールド機器の大手サプライヤで、産業市場での営業、マーケティング、製品開発、プロジェクト管理などの経験を積んできました。クレイグは、ノースイースタン大学で電気工学の理学士号とMBAを取得しています。

関連情報

トップへのスクロール