ケーススタディ

ロビシス

エッジ コンピューティング ライフサイエンス

RoviSys が Stratusエッジ コンピューティング を導入し、ライフサイエンス企業のダウンタイムとデータ損失の排除、OT/IT の統合、FAT/SAT の数週間から数日への短縮を実現した方法。

課題

  • ライフサイエンス企業のバッチ製造におけるダウンタイムとデータロスを解消
  • FDA規制、GMP、VCAPに対応したデータの信頼性の確保
  • マルチサイト・キャンパスにある3つのサイトの制御アーキテクチャを標準化
  • 製造オペレーションチームが、高度なITサポートなしにコンピューティングインフラを維持・サポートできるようにする。

解決策

  • フォールトトレランスとデータ収集のための Stratus ftServer® と Stratus ztC Edge™ 。
  • ロックウェル・オートメーション社製PlantPAx®ソフトウェアによるキャンパス全体の生産管理

メリット

  • 6台のハイパーコンバージド・サーバクラスタをStratusに置き換えることで、ダウンタイムの排除とソフトウェアワークロードの統合を実現しました。エッジ コンピューティング
  • さまざまなライフサイエンス施設やユースケースにおいて、コンピューティングを標準化し、拡張可能
  • FAT/SATプロセスを数週間から数時間に短縮し、1週間で完全な検証を完了させた
  • 総所有コスト(TCO)を15-20%削減、コンピュート・プラットフォームは15年のデューティサイクルを予測

ライフサイエンス分野のバッチ製造に信頼性をもたらす

細胞生物学、DNA、RNA、タンパク質分析、医薬品開発、人体識別、分子診断などのポートフォリオを持つ大手ライフサイエンス企業は、バッチ製造業務において、より信頼性が高くメンテナンスが容易な計算インフラを選択し、製造業務のダウンタイムとデータ損失を排除する必要がありました。同社はこれまで、ハイパーコンバージドサーバクラスタとソフトウェアベースのフォールトトレランスに依存し、プロセスの自動化とFDA規制に必要なデータを管理していました。

自動化を専門とするグローバル・シス テムインテグレータである RoviSys® 社に相談し、同社 のキャンパス内にある 3 つの製造拠点で Stratus®エッジ コンピューティング 上の Rockwell Automation PlantPAx® ソフトウェアを標準化することにしました。RoviSys 社は、ライフサイエンス企業の IT インフラを劇的に簡素化するプロセスオートメーション用のフォールトトレラントなエッジ コンピューティング プラットフォームを展開しました。RoviSys は、Stratus プラットフォームを使用して、工場受入試験 (FAT) からサイト受入試験 (SAT) および検証まで、1 週間で制御アーキテクチャを導入し、従来のクラスタソリューションと比較して TCO を 15 ~ 20% 削減しました。Stratus を導入して以来、ライフサイエンス企業はダウンタイムを経験することなく、専任の IT サポートなしでコンピュートプラットフォームのサービスを提供できるようになりました。

ライフサイエンス分野の製造にはサーバークラスタが不十分

同社は、重要な製造工程の計算とデータ収集をサーバークラスターに依存していました。このチームは、部品の故障から計画外のシステム停止に至るまで、データ損失やダウンタイムにつながる費用のかかる数々の問題に直面しました。その結果,FDA の監査や GMP レポートの作成に支障をきたし,製造の中断や製品の廃棄につながった.クラスターサーバーに障害が発生した場合、チームはノードを再構築するためのサポートや知識をすぐに得られないことが多く、復旧にさらに時間がかかってしまう。さらに、このチームは、システムの変更を特定のバッチに対応させるための VCAP (バージョン変更、監査管理) プロセスを追跡できるようにする必要があり、その逆もまた必要でした。

当初、RoviSysは、企業のデータセンターに常駐し、エンドユーザーのチームが管理するCisco® HyperFlexをベースにしたハイパーコンバージドクラスターを検討しました。しかし、この選択にはいくつかのハードルがありました。このソリューションでは、お客様のキャンパス全体に10ギガのネットワークで仮想SANを構築する必要がありましたが、これには多くの専門知識と多くの帯域幅が必要でした。さらに、高度にカスタマイズされた複雑なソリューションであるため、膨大なライセンス費用がかかるだけでなく、高度なトレーニングを受けた人材が必要でした。現実的な観点からは、これではクラスタシステムのセットアップと管理に余りにも大きな誤差が生じることになる。

OTのために構築されたシンプル、プロテクト、オートノミーエッジ コンピューティング

RoviSys は、よりシンプルで保守が容易な可用性ソリューションを提供するために、StratusftServer と Stratus ztC エッジ コンピュート・プラットフォームを推奨しました。大規模な統合作業を必要とする複雑なハイパーコンバージドクラスターとは対照的に、 Stratus プラットフォームは既製品ですぐに導入することができます。運用がシンプルであることも、OT チームが専門的な IT スキルを必要とせずに使用できるソリューションとして、Stratus プラットフォームを採用した主な要因です。HyperFlexソリューションでは最低でも2日かかるインストールとエンドユーザのトレーニングが、2時間程度で完了しました。また、エンドユーザーの総所有コスト(TCO)は、ストラタスを使用することで15~20%削減できると算出されました。

Stratus プラットフォームは、99.999%の可用性とコストのかかるダウンタイムのリスクを排除し、より強固なサイバーセキュリティを実現する、卓越したレベルのデータ保護を提供しました。ハードウェアベースのフォールトトレランスにより、フェイルオーバーの遅延やデータ損失は発生しません。コンポーネントに障害が発生した場合、お客様の運用チームはプラグアンドプレイのコンポーネントを簡単に交換することができ、バッチアプリケーションへの影響、プロセスの中断、データの損失はありません。システム上で動作するアプリケーションとVMの中断のない動作により、検証テストを迅速に完了することができ、時間とリソースを大幅に節約することができました。

それに比べ、クラスターノードに障害が発生した場合、チームは新しいノードの交換と検証のために、物理的な交換、物理的および論理的な検証、全ノードの全VMが機能しているかどうかの確認など、複数のステップに直面することになる。製造現場の場合、このプロセス全体は、顧客の検証チームの10人ほどの人員と、テストを実行する2、3人のコンサルティングリソースを必要とし、数日から数週間かけて行われるかもしれません。

ロックウェル・オートメーションとストラタスによる生産管理アーキテクチャ

RoviSys は、大規模なタンパク質製造施設、DNA および RNA 試薬の製造施設、他の製造プロセスに供給する低分子製造施設という 3 つの施設のために、ロックウェル・オートメーションとストラタスのソリューションを設計しま した。大規模な 2 つの施設では、HMI、ヒストリアン、バッチ、Asset Centre、Vantage Point、Thin Manager、エンジニアリングワークステーション、SQL を含む Rockwell Automation PlantPAx を、それぞれ StratusftServer 6910 と 2900 上で動作するように適合させまし た。低分子化合物サイトは、5 9 プラスの信頼性を必要とせず、PlantPAx スイートを Stratus 110i プラットフォームで稼動させました。 ztC エッジ 110i プラットフォームで実行しました。ネットワークセキュリティのために、プラットフォームはロックウェル・オートメーションの推奨するサイ バーセキュリティの実践に基づいてセグメント化されました。

チームは、生産ラインごとに 7 つの VM をセットアップして、ソフトウエアのワークロードを統合しました。この効率性は、ソフトウェアライセンスの大幅な節約にもつながりました。たとえば、クラスターソリューションではノードあたり数千ドルかかるところを、VMware forftServer ではわずか 600 ドルでした。同様に、マイクロソフトのデータセンターライセンスについても、コスト削減を実現することができました。

FAT/SATサイクルの短縮と迅速なバリデーション

RoviSys 社は、Stratus プラットフォームの展開において、重要な FAT/SAT テストと検証プロセスを、クラスターソリューションでは数週間かかるところを、数時間で完了させました。また,FAT/SAT プロセスの一環として,Linux ルーチンのライブラリを実行して,さまざまなコンポーネントと低レベル ソフトウェアが最新であることをテストするなど,ノードの抜き差しを行い,中断することなく直ちにフェイルオーバーを 検証することができました.

Stratus プラットフォームは、ラックマウント可能で、耐障害性と自己修復性を備えた設計となっているため、長期間にわたって本番環境に導入することが可能です。チームは、プラットフォームが15年間稼働すると予測し、Stratusの長寿命、耐久性、合理化されたFAT/SAT検証により、ライフサイエンス企業が長期にわたって最高のパフォーマンスと高可用性を実現できるソリューションになると結論づけました。

OT/ITコンバージェンス、FAT/SATサイクルの短縮、フォールトトレランスはライフサイエンス分野での勝利となる

RoviSys は、ライフサイエンス分野のエンドユーザと協力して Stratusエッジ コンピューティング を迅速に導入し、お客様の製造業務、VCAP プロセス、GMP レポートの信頼性を向上させました。このソリューションは、ITインフラを劇的に簡素化し、ITチームがオンサイトのITサポートなしで新しいインフラを展開・維持することを可能にしました。重要なのは、RoviSysの成功の鍵は、概念実証(PoC)を成功裏に実行し、FAT/SATと検証テストを数週間から数日に短縮するソリューションを使用したことです。この成功によって築かれた信頼により、RoviSysは追加のプロジェクトでエンドユーザーとの関わりを広げています。

インフラソリューション

関連情報

トップへのスクロール