ケーススタディ

いすゞ自動車株式会社

Stratus® ftServer® システムによる信頼性の高いスケーラブルな製造実行

世界最大級のトラックメーカーである東京のいすゞ自動車は、トラックやバス用ディーゼルエンジンの製造でもリーダー的存在である。いすゞ自動車の藤沢工場(日本 )は、SUV、中型トラック、ゼネラルモーターズとの合弁事業であるピックアップトラックラインの主要生産拠点の一つです。

事業の状況

時代遅れの生産管理システムを置き換える計画により、工場の情報システム計画チームは既存のアプローチを再考することになった。既存のシステムは、組立ラインで使用する部品を生産するプレス加工および樹脂成形作業をカバーしていなかった。生産計画は、これらの分野での人間の入力に大きく依存していた。効率と応答性を最適化するためには、新しい製造実行システム(MES)が必要でした。

意思決定者は、Stratus Technologies の以前のフォールトトレラントシステムでの肯定的な経験に基づき、MicrosoftWindows Server を実行する StratusftServer システムが、業務に必要な信頼性、性能、およびスケーラビリティを提供することを確信しました。

クイックファクト

ソリューションプロファイル

  • 自動車製造のための生産実行システム(MES
  • プレス加工、樹脂成形用に実施
  • 効率性の向上とスケジュールの遵守
  • ダウンタイムは受け入れられない。

製品

  • StratusftServer Microsoft® Windows® Server® オペレーティングシステムが動作するシステム
  • 東洋ビジネスエンジニアリングのMCFrame/AEParts

サービス内容

  • 株式会社クオリカ

事業目的

新たな価値を加えることが目的でした。

  • プレス加工・樹脂成形工場の効率化
  • スケジューリングプロセスの自動化
  • 独自のプロセスをサポートするための柔軟性の提供
  • 高いパフォーマンスとスケーラビリティで業務をサポート
  • 堅牢で信頼性の高いシステムの導入

"サーバーが止まると回線も止まるので、サーバーには信頼性が絶対に必要です。"
深澤一成氏
情報システム企画担当課長
いすゞ自動車株式会社

ストラタスの常時稼働ソリューション

"サーバーが止まると回線が止まるので、サーバーには信頼性が絶対的に求められます"と、いすゞ情報システム企画部長の深澤一成氏は語る。

サーバーの信頼性を高めるための他のアプローチは、ftServer システムが選ばれる前に検討されました。技術スタッフはシステムの導入経験がありましたが、バックアップシステムに手動で切り替えている間にデータや制作物が失われることは許容できませんでした。また、サーバーのクラスタリングのような複雑なソリューションで発生するヒューマンエラーに関連する問題の可能性を排除したいと考えていました。

StratusftServer システムは、MicrosoftWindows Server、Red Hat® Enterprise Linux®、および VMware® オペレーティングシステム向けの、信頼性の高いインテル® プロセッサーベースのサーバーハードウェアのファミリーです。その結果、ユーザーは、ロードアンドゴーの実装が簡単なフォールトトレラントなサーバーファミリーの利点を得ることができます。

ftServer アーキテクチャは、ロックステップ冗長ハードウェア、フェイルセーフシステムソフトウェア、ActiveService™ 機能を含む Continuous Processing®特長を内蔵し、可用性を保護します。その結果、StratusftServer システムファミリーが提供する「5 つの 9」以上の可用性、または 99.999%以上の可用性を、アプリケーションに変更を加えることなく享受することができます。

藤沢の部品製造実行システムには、信頼性に加えて、性能やスケーラビリティが不可欠である。MES アプリケーションは、その性質上、膨大な量のデータを処理します。ストラタスftServer システムは、必要な処理性能を備えて設計されており、オプションでCPUやメモリのアップグレードをシームレスに追加することができます。

いすゞのシステムインテグレーションパートナーは、製造業市場でのシステム開発に特化した株式会社クオリカでした。クオリカは、カスタムソリューションを開発するのではなく、市販のパッケージソフトを購入することを推奨していました。この戦略により、システムの安定性が向上し、プロジェクトのコストを削減することができました。

いすゞ製造実行システムの構成

東洋ビジネスエンジニアリングの「MCFrame/AEParts」は、プレス加工工場や樹脂成形工場など、いすゞ独自の工程のニーズに合わせて簡単に構成できることから採用されました。ftServer システムと同様に、このアプリケーションもテストされ、信頼性と拡張性が実証されています。

ftServer クオリカは、「ftServer システムは、スタンドアロンのWindows サーバと同じように管理されているため、使いやすかった」とクオリカのアウトソーシング事業企画部 北田元樹氏は語る。

ビジネスインパクト

いすゞの藤沢事業所では、部品事業のコントロールセンターを設置し、自社ラインの管理を可能にしました。MCFrame/AEPartsが動作するftServer ベースのMESサーバで生産計画を作成し、プレス加工工場と樹脂成形工場の複数のラインに指示を出します。生産データは、POP(Point of Production)端末からPOPサーバとして機能する第二のシステムftServer に転送され、生産計画データと照合されます。

QUALICA、いすゞともに、ftServer の導入は成功したと評価しています。クラスタと違ってシステムの冗長性を意識する必要がないので、実装や設定に集中できます。システム開発者にとっては、ftServer のシステムの方が良い。"

深澤氏(いすゞ)は、「問題が発生しても、ftServer システムは中断することなく稼働し続けます。ストラタスftServer システムは、ミッションクリティカルなビジネスアプリケーションを使用する本番サイトに最適な答えです。

"StratusftServer システムは、ミッションクリティカルなビジネスアプリケーションを持つ生産現場にとって最良の答えです。"
深澤一成氏
情報システム企画担当マネージャー
いすゞ自動車株式会社

ストラタステクノロジーについて

今日の常時稼働の世界では、アプリケーションはますます厳しい状況下で稼働しています。このような要求の高まりに伴い、アプリケーションのダウンタイムを少しでも防止しなければならないという大きなプレッシャーが生じています。企業は、現在の IT インフラストラクチャに適合する、または強化する技術を探すことで、常時稼働型ソリューションのニーズに応えています。

ストラタステクノロジーのソリューションは、エンタープライズサーバーからクラウドまで、アプリケーションに変更を加えることなく、常時稼働のインフラストラクチャを迅速に展開することを可能にします。ストラタスの製品(ソフトウェアおよびサーバー)とストラタスの人材を組み合わせることで、お客様はダウンタイムが発生する前にダウンタイムを防ぐことができ、24時間365日365日の継続した重要な業務のパフォーマンスを確保することができます。

関連情報

トップへのスクロール