パンフレット

シュナイダーエレクトリック社のマイクロデータセンターの概要

ガートナー社によると、2018年には10%だったデータの作成、処理、管理が、2025年には75%がエッジで行われるようになり、エッジでのコンピュートパワーに対するニーズが高まっています。エッジ コンピューティング のソリューションは、IT部門だけでなく、オペレーション技術(OT)部門のリーダーにとっても、このニーズに応えるものです。

シュナイダーエレクトリック社とストラタス社は、エッジにおけるハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)をサポートするマイクロデータセンターソリューションを提供するために提携し、ビジネスクリティカルなアプリケーションを簡素化、保護、自動化します。AVEVAと共同開発したシュナイダーエレクトリックのエッジリファレンスデザインは、ストラタスの主要なエッジ コンピューティング プラットフォームを、IT標準と要件を満たす、完全に検証された安全なソリューション内に統合します。この完全にカスタマイズ可能なリファレンスデザインは、リスクと市場投入までの時間を短縮し、システムインテグレーターがお客様のデジタルトランスフォーメーションの課題を解決する能力を加速します。 World Wide Technology社によると、出荷前に設定されたソリューションは、フィールドエンジニアリングコストを25-40%削減し、メンテナンスコストを7%削減します。

関連情報

トップへのスクロール