ウェビナー

エッジ コンピューティング ROI - 利点、課題、成功 (英語)

ストラタスが主催するOn Demand IndustryWeek主催のウェビナー

ワールドクラスのメーカーにとって、エッジ コンピューティング は、オペレーションにおけるデジタルトランスフォーメーションの次の波をもたらすものです。オペレーションの近代化と自動化を進める企業は、パフォーマンスの最適化、ダウンタイムの最小化、そしてリソースに制約のある分散した場所での安全性の向上など、これまでにない機会を認識しています。このような前向きな企業は、実績のある専用のエッジ コンピューティング ソリューションを活用して、デジタルトランスフォーメーションを加速し、測定可能な投資収益率(ROI)を達成しています。

しかし、「エッジ コンピューティング とは何か、そしてそれが私の特定の業務にどのように役立つのか?

このウェビナーでは、Nucleus Research 社が提供する新しいエッジ コンピューティング ROI ガイドブックの独占プレビューを行います。企業が達成した実際の結果、課題、成功指標に加え、エッジ コンピューティング の投資で同様のROIを達成するための洞察とヒントをご紹介します。

注目のスピーカー

Dan Elman
Research Analyst, Nucleus Research
ダニエル・エルマンは、Nucleus ResearchのCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)、アナリティクス、ITインフラの各プログラムを担当するシニア・アナリストである。特に、デジタルトランスフォーメーションプロジェクトのROI評価に焦点を当て、ソリューション導入後に組織が実現する価値を最大化する方法を理解するための研究を行っている。その他の主な研究テーマは、実際のユースケースに適用される機械学習とAI、コンテナ化とクラウドインフラ、エッジ コンピューティング とアナリティクス、マーケティングオートメーション、オンプレミスからクラウド環境へのアプリケーションの移行などです。ボストン大学で純粋・応用数学の学士号を取得し、リー群とブラックホールのスーパーラディアンスについて研究しました。

Jason Dietrich
Chief Revenue Officer, Stratus Technologies
Jason Dietrichは2018年にCROとしてストラタスに入社し、20年以上の営業とオペレーションの経験をもたらしました。ストラタスでは、ジェイソンは同社のグローバルな営業、マーケティング、事業開発の取り組みを統括しています。ジェイソンはPTCからストラタスに入社し、PTCのIIoTプラットフォームを製造業やコネクテッドオペレーション環境への世界的な導入を推進する責任者として活躍していました。PTC 入社前は、シュナイダーエレクトリック社の Invensys ソフトウェア部門でオペレーションエグゼキューション事業を率いていました。ジェイソンは、リーハイ大学で MBA と化学工学の理学士号を取得しています。

関連情報

トップへのスクロール