ケーススタディ

萩原工業株式会社

社内で乱立するサーバを仮想化統合し、IoT化に向けた統合情報システム基盤を構築

トップシェアを誇るブルーシートをはじめ、合成樹脂繊維「フラットヤーン」関連製品、産業機械の製造販売を展開する萩原工業株式会社。社内に乱立するサーバを仮想化統合し、IoT活用を視野に入れた統合情報システム基盤を構築。ftServerの導入により、パフォーマンス向上と運用保守工数の削減を実現。

関連情報

トップへのスクロール